仏師に習う仏像彫刻 みのおてならい教室

お寺に仏像をお納めする仏師の手ほどきで習う仏像彫刻教室です。

仏像彫刻は、生涯にわたって、ご自身の心を清め、高め続けることのできる習いです。暮らしのなかにもうひとつの祈りの空間、心静まるひとときを持つことで、自分と向き合い、かけがえのない時を刻むことができます。

開催場所

日 時:1回目 9月8日(土)

    2回目 9月22日(土)

    3回目 10月13日(土)

    13:30~ 15:30

 

会 場:箕面文化・交流センター

   (みのおサンプラザ1号館内)

  または中央生涯学習センター

 (メイプルホール内)

受講料

入会金:2,000円(初回のみ)

みのおてならい受講生の方は免除

 

現在、全3回で小さな仏像作品をしあげるシリーズ講座を9月より開講。受講生を募集中です。

受講料 5,000円×3回 計15,000円

(材料費別途)

 

◎彫刻刀は貸し出し致します。

※ご希望の方は購入していただけます。

 

 

講師:立花麟士 仏師

山高龍雲師の下へ内弟子として入門、仏師を志す。神戸にて仏像彫刻教室、弘誠寺教室を開会。第35回日本美術工芸会展にて金剛力士像で会長賞受賞の後、仏師号「麟士」を拝し独立。第37回日本美術工芸会展にて聖帝関君像が工芸大賞受賞。仏像制作に携わる一方で、神戸、大阪の文化講座にて仏像彫刻教室を展開。今年、四国八十八箇所1200年記念事業として、霊場四番札所黒厳山遍照院 大日寺の西国三十三観音像の「平成の大改修」を任される。

 

立花麟士公式サイト

https://www.rinsi.jp/



◎仏像彫刻教室 お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です